岐阜で『交通事故』で接骨院をお探しなら【誠美接骨院】

交通事故によるケガの治療

  • 文責:院長 柔道整復師 高見 誠治
  • 最終更新日:2021年8月30日

1 病院と接骨院のどちらで治療を受けた方がよいのか

⑴ 病院と接骨院の違い

医師はレントゲン撮影や診断書の作成が可能です。

交通事故のケガに対して、まずはレントゲン写真を撮り、骨に異常がないかを確認する流れが一般的です。

ケガの痛みに対して、牽引、電気療法、リハビリ治療を行ったり、痛み止めを処方するケースも見受けられます。

⑶ 接骨院の特徴

接骨院は、目には見えない筋肉や靭帯の損傷に対する治療を得意としており、治療を行う前に、実際にお身体に直接触れながら、関節の可動域を検査したり、筋肉等の状態を確認することが一般的です。

誠美接骨院では、交通事故によるケガに対して形式的な治療を行うのではなく、一人ひとりのお身体の状態をしっかりと確認した上で、個々の状態に見合った適切な治療プランを判断し、治療を行ってまいります。

痛みの原因部分に適切な治療を行うことによって痛みの再発を防ぎ、ケガの根本改善を目指します。

⑷ どちらにも良い面があります

病院での治療と接骨院での治療は、それぞれ特徴があり、どちらにも良い面があります。

そのため、病院で治療を受けつつ、接骨院にも通うなど、柔軟に対応されるとよいかと思います。

2 回復するまでしっかりと通院する

交通事故によるケガは、回復までに複数回の治療が必要となるケースが多く見受けられます。

通院が負担となり、ケガが回復する前に治療をやめてしまったりすることのないように、通院しやすい院を選ぶということも大切です。

接骨院は、夜遅くまで治療を受け付けていたり、土曜日も営業していたりするため、平日は忙しいという方や、お仕事をされている方であっても、適切な頻度で通院することができるかと思います。